ヴァイオリン


伝田 正秀_Masahide DENDA , Violin 


denda


長野市生まれ。3歳から父の手ほどきによりスズキメソードでヴァイオリンを始める。
全日本学生音楽コンクール全国大会1位、日本クラシック音楽コンクール全国大会全部門グランプリ、JILA音楽コンクール第1位、日本音楽コンクール第2位などを受賞。
武蔵野高校を経てウィーン国立音楽大学、ウィーン市立音楽院室内楽科に留学。
2006年より仙台フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター、2011年はゲストコンサートマスターを務める。

小品集CD「EMOTION」をリリース、仙台フィルよりチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲、シェへラザード、英雄の生涯などのCDが発売される。

これまでにヴァイオリンを伝田充正、掛谷洋三、G.Badev、G.Pichlerの各氏に、
室内楽をアルテンベルクトリオに師事。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM