ユゥフォニウム


川原 みきお_Mikio KAWAHARA , Euphonium


kawaharamikio


Profile

ESA音楽学院を卒業後1997年に渡仏、Y.GIRARD主催パリトロンボーンカルテットのファイナルコンサートでM.BEQUET指揮のブラスバンドに選出、指揮者本人から賞賛を得る。翌年リヨン音楽院にて金メダル受賞。同年パリ高等音楽院 ( C.N.S.M.D.Paris ) に合格。 2000-01年(財)ヤマハヨーロッパコンクールにて最優秀で選出され、01年同音楽院サクソルン・ユーフォニアム科を日本人として初めて首席で卒業。

第6回ルーマニア国際音楽コンクール管楽器部門にて金管唯一のファイナリストに残り、最高位を得てサントリーホールでの入賞者披露演奏会に招かれる。
これまでに大阪フィル、Neoeupho2008新人演奏会、Jazz a Vienne音楽祭、フランス国立管弦楽団のラジオ公演、パリブラスバンドにソリストとして出演。またLyon若手アーティストMoko、LesmonstroplantesとのLiveTV録音、CDセッションにも参加する。指導者としてMAC?N、VIENNE音楽院で子供の為のマスタークラス、ソロ活動を通して楽器のよりいっそうの普及に貢献する。現在ユーフォニアムグループ’GROW’では棚田文則作曲[エコーイング・ウェーヴII]、平野達也作曲[ロゴグラボス]他、現代曲の初演活動を通しレパートリーの拡大に務める。

ユーフォニアムを木村寛仁、中西勲、P.FRISCH、 D.CHAMBARD、 (故)F.LELONGの各氏、室内楽をアンテルコントンポランソリスト、J.McMANAMA、G.BUQUETの各氏に師事。スイスブラスウイークにてS.MEADによるキャンプを受講。現在”GROW”、”iN”メンバー、ESA音楽学院講師他、関西を中心に活動。

使用楽器 Besson“Prestige”2051 A.Courtois “Elite”

日仏音楽家の橋渡しとして、フランス音楽アカデミー、パリ・ギャルドトランペット奏者E.PLANTE,トロンボーン奏者G.MILLIERE、Y.GIRARDのマスタークラスの通訳でも信頼と好評を得ている。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM