ヴァイオリン


杉江 洋子_Yoko SUGIE ,Violin


sugie


Profile

京都に生まれ、母に手ほどきを受けヴァイオリンを始める。

全日本学生音楽コンクール高校の部西日本大会第1位。
第1回宝塚ベガコンクール入選。
2004年かやぶき音楽堂デュオコンクール審査員特別賞受賞。

京都市立堀川音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。
1993年より神戸市室内合奏団団員を務め、1997年同大学大学院修士課程を修了。
スペイン・マドリッドに在住した後、2000年より大阪センチュリー交響楽団(現:日本センチュリー交響楽団)第二ヴァイオリン次席奏者、2010年5月より京都市交響楽団第二ヴァイオリン副首席奏者。また、2003年〜2005年には、同志社女子大学非常勤講師を務めた。

在学中は、藝大室内楽定期演奏会、東京藝術大学同声会主催「新卒業生演奏会」に出演。藝大モーニングコンサートにて藝大フィル、テレマン室内管弦楽団、2009年には伊丹シティフィルとの共演をはじめ、オーケストラとの協奏曲の演奏も多数。2008年京都にてデュオリサイタルを開催。弦楽ユニット”こむし☆こむさ”のヴァイオリン奏者として、京都・大阪・兵庫の保育園や幼稚園、病児保育室にて、親子で楽しめるコンサートを行うなど幅広く演奏活動を行っている。

これまでにヴァイオリンを尾島綾子、橋本寿子、浦川宜也の各氏に師事。
室内楽を岡山潔、林俊昭、故・田中千香士の各氏に師事。







powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM