チェロ


北口 大輔_daisuke KITAGUCHI,Cello


daisuke kitaguchi


Profile

12歳より父親の手ほどきにてチェロを始め、東京芸術大学音楽学部、同大学院修士課程修了。
チェロを林俊昭、河野文昭の各氏に師事。ミッシャ・マイスキー、フィリップ・ミュレール、鈴木秀美、
ウェン=シン・ヤン各氏のマスタークラスを受講。

NHK-FM「名曲リサイタル」「現代の音楽」に出演。イギリス湖水地方音楽祭、ドレスデン音楽祭、アフィニス夏の音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、北九州国際音楽祭に参加。また、国際交流基金や松尾学術振興財団の助成を受け、ドイツやオーストリアでの室内楽フェスティバルに参加。平成12年度大阪府舞台芸術奨励新人。

これまでに東京都交響楽団チェロ奏者、九州交響楽団首席チェロ奏者を歴任し、2011年4月より招かれて日本センチュリー交響楽団の首席チェロ奏者に就任。同時に九州交響楽団の首席客演チェロ奏者にも就任し、現在に至る。

オーケストラプレイヤーとしては勿論、ソリスト、室内楽奏者としても高い評価を得ており、「全く危なげないソリストぶり。余裕の力演」(音楽の友誌)「実力派、頼もしい存在感を披露」(モーストリークラシック誌)「彼が入る事によりチェロセクションの音が格段に引き締まる」(朝日新聞)など各誌でその力量を賞賛されている。
明確な解釈と確かなテクニックに裏付けされた表現力で、多方面に渡り活躍している。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM